スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 染織十字屋
 
[スポンサー広告
正藍
藍

正藍のストールを1枚ご注文頂いています。

藍建てを自分でやろうと思った事もありましたが
ある伝統工芸士さんのお話を聞いていたら
「とても自分では無理。プロにお任せしよう。」と思った次第です。

昨年知り合ったその久留米絣の伝統工芸士さんに
夏前に糸の藍染めをお願いしていたのですが
それが染め上がってきました!

色の冴え具合が抜群なのはもちろん
何が凄いって手に藍の色が付かないのです!
この方に教えて頂くまでは藍が手に付くのは当然だと思っていたのですが
全然付きません!
「うちのは藍の粒子が均一だから均等に染まって手に付かない。」んだそうです。

これはとても重要な事だと思うのです!
天然染料だからって使い勝手が悪くては元も子もないと思うのです。

正藍とインディゴを比べるのは少し違うかもしれませんが。。。
私の好きな洋服の某ブランドは
「インディゴ染めです。お洗濯5~6回位までは色落ちします。ご了承下さい。」
なんて言われる訳ですが、
洗濯で色落ちするならまだしも
着てる段階で「チアノーゼ?病気?」と思うくらいインディゴの色が手足に付着して
車のシートも真っ青になって大変だったりしたことがあるのです。
「洗濯5~6回して落ち着くなら、何故製品にする前の段階で洗って落としておかないの?」
「そんなに落ちるなら、化学染めで藍色に染めた方が良いのでは?」
と思う訳です。
なのでここではインディゴ染め以外の服のみを購入しています。

そんなわけで、この藍染めは素晴らしいです!
Yさん有り難うございました!
スポンサーサイト
Posted by 染織十字屋
 
[染織
糊落とし
お久しぶりです。

クリスマスだったり年末だったりということで
納期の嵐でダダダッと製作に追われておりました。
お買い上げ下さった皆様、心より御礼申し上げます。
有り難うございました!
不備がございましたらいつでもお申し付け下さいませ。

さて、織り上がると仕上げの作業がある訳ですが、
糸に糊が付いているので、布をぬるま湯に入れて糊を落とします。
お湯に入れると今迄ピンッと張っていた糸が緩んで
糸本来の表情が甦ります。
この瞬間はかなりテンションが上がります!

織っている時は平面的で「違うな~。間違えたかな~?」と不安でいっぱいなのですが
この作業でプックリと立体的な表情が現れると
「これで良かった!」と胸を撫で下ろします。
Posted by 染織十字屋
 
[染織
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。